アウディA8の中古車を購入しました。

念願のアウディA8の中古車を購入しました。オークション等で購入した場合、保証がつかないことがほとんどでしたので、街中の輸入車の中古車専門店で購入しました。11年落ちということもありましたが、距離が7万キロと少なく、車体も内装も年式の割には綺麗だと感じたので購入を決意しました。
 肝心の保証は3か月5000kmという非常に短いものでした。しかし、10年以上昔の車、しかも、輸入車に保証を付けてくれる販売店はほとんどなかったので、非常にありがたく感じました。
 A8のようなフラッグシップである車は、たとえ型落ちといえど、綺麗に乗っていれば周りの目が全然違うという事を実感しました。アウディの最新モデルではないので、「すごいね」と言われることはないですが、「綺麗に乗ってるね」や「良いね」というお褒めの言葉を沢山いただくことができます。その度に、この車を購入して良かったと実感しています。
 しかし、古い車なので維持費はかかります。特に、足回り関係の消耗部品は、国産車とは比べ物にならないくらい部品代が高く、また作業工賃も高いです。この手の車を購入する場合はあらかじめ、消耗部品の交換費用も計算して購入することをお勧めします。
 そして、中古車の輸入車で最も注意しなければならないことがあります。それは内装の劣化です。とくに天井です。私の車もそうなのですが、天井が垂れ始めてきてしまいました。いろいろ情報を集めるとわかるのですが、輸入車の中で、特に、ドイツ車、イギリス車は内装の浮きや垂れが時間の経過とともに起こりやすくなるようです。この原因は車内の異常な温度上昇がひとつの原因のようです。ですので、中古車を購入するときには、できれば屋根付き車庫保管の車を購入した方が良いと感じました。
 これから、同じような車の購入を検討している人は、是非、参考にしてください。