新車購入・フェラーリ新車速報

以前、車の雑誌の新車速報を見て、大枚をはたいて新車の468フェラーリを購入した時のことです。
一度アクセルを踏み込めば、あのフェラーリ独特の甲高いエクゾーストに心騒ぎ、血湧き上がる高揚感、何ににも変えられない興奮をした覚えがあります。
ステアリングを切れば、自分の走りたいラインに沿って曲がってくれますし、何よりもアクセルを開けた時の加速感には驚かされました。
自分は、過去全日本スーパー耐久レースでRX-7やNSXでドライブした経験や、スポット参戦ながらGT300のポルシェにも乗った経験がありますが、不思議と国産の日産スカイラインGTRや、フェラーリ、ランボルギーニには縁がなかったので、フェラーリを購入するぞ、と決めた時の自分の中の高揚感も忘れられません。
当時、ランボルギーニの購入も考えていたので、そちらも試乗させて頂きましたが、フェラーリのあの独特のエクゾーストサウンドに負けました。
あの時の喜びは何ににも代えがたく、自宅の駐車場も屋根付き、シャッター付きに変えた程でした。
しかしながら、維持費が結構かさみました。維持費の部分で特にタイヤ代、その他のメンテナンス代も国産スポーツカーの比では無く、車はあってもあまり乗ることが出来ませんでした。
結局、買ってから僅か1年半程で手放してしまいましたが、高級スポーツカーは、車両本体も家が1軒立てられる金額、またエンジン周りやギヤボックスに不具合が出ると、それはそれで、それなりの金額が飛んでいきます。
自分は購入後、いろいろ計算をし直して手放し、色いろ調べ雑誌の新車速報で日産がGTRを販売する事を機に乗り換えましたが、やはり車が車なだけにそれなりに維持費はかかりますが、フェラーリの比ではないのでその部分では助かっています。
「ポルシェ」「フェラーリ」「GTR」は男なら一度は乗りたい車です。その全てに乗れたのでとても満足しています。